「新型コロナウイルスは風邪」理論は大まかな間違いではない件

病院で体温を測ったら厚着してたせいか熱が高く、別部屋に隔離されました。モンです。

どこぞの大統領やら、お医者さんやらが「コロナは風邪だから重要視しなくても平気」

とか言っていて、なに言っとんねん とテレビ越しに突っ込んだんですけど、調べてみると案外そうじゃんと分かったので、少しシェア出来たらなと。

スポンサーリンク

コロナは風邪の一種

まず、コロナは50種類以上あるそうです。

それだけで驚きですよね(笑)

そのうち数種類だけが人から人に感染する特殊能力があるみたいです。

その数種類の内、さらに数種類がいわゆる今はやっているコロナ。

残りの数種類はただの風邪と診断されるっぽいです。

今まで風邪になんてひいたことぁねぇ! という人はいないと思いますが、その風邪の正体がコロナなんですって。

だから、もう私達はコロナにかかったことあるって事になります。

「コロナは風邪」理論を見て、馬鹿やんこいつら と思っていた人も、一概には言えなくなってきますよね。

考えてみれば、専門的な知識を持っている人がそう言ってるんだから、根拠に基づいてるってことが今回分かりました。
正しい知識を身に着けていないであれこれ判断するのは滅茶苦茶恥ずかしいことだなと感じましたね。

コロナは風邪と同じ! ではくて コロナは風邪と兄弟 って表現の方があんがい理解されやすいのかも。

んな感じです(笑)

では、また!

モンでした~

ばいばい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました