Googleアドセンスに高確率で合格する方法を公開中

ハリー・ポッターはなぜ生き返ったのかを考察&本当の理由

最終章でヴォルデモートの死の呪文を受けたのに生き返ったハリーポッター。

亡くなったダンブルドアと再会したから、死んだはずでは?

ハリー・ポッターはどうして生き返ったの?

気になりますよね?

今回はそんな謎に迫っていきます。

ハリーとヴォルデモート

簡単に二人の繋がりをまとめておきますね。

  • ヴォルデモートにはハリーの血が流れている
  • ハリーとヴォルデモートは兄弟杖
  • ニワトコの忠誠心はハリーにある
  • ハリーは死の秘宝を制している
  • ハリー自身が最後の分霊箱
  • これらの中には重要なキーポイントもあるので、押さえておくと理解しやすいかもです!

    死の呪文を2回受けている

    「あ、確かに!」と忘れがちな事があるので一応。

    冷静になって見返すと、ハリーは受けた者を必ず死に追いやる呪文「アバダケダブラ」を2回受けています。

    死の呪文を2回受けて2回とも助かってる事も重要です。

    1回目

    1回目は、ハリーが生まれてすぐの時。

    母リリーが我が子を守るという愛の魔法によって額の稲妻のような傷跡だけで助かりましたよね。

    賢者の石のワンシーンにあったね

    2回目

    2回目が今回の内容です!

    「なぜ、死なずにすんだのか。または、生き返る事ができたのか。

    その内訳を詳しく見ていきましょう!

    ハリーが生き返った理由:考察

    まずは、個人的な考察から!

    「いや、ホントの理由が聞きたいんだよ。」

    という方は上の「目次」からスキップしてください!

    私は、3つ手にすると死を制する者になれるという死の秘宝」を手に入れたからだと考察しました。

    ハリーは父から受け継いだ「透明マント、ドラコから所有権が移った「ニワトコの杖、そして、ダンブルドアが託した「蘇りの石

    これら全てを手に入れたので、死を制する事が出来た。

    つまり、ヴォルデモートを倒すまで自分の死を望まないという思いが、ハリーが制した死の秘宝が実現させた と考察しました。

    しかし、ここで問題点が。


    ハリーはヴォルデモートに挑む直前に「蘇りの石」を森の道中で捨ててますよね?

    「あれ?辻褄合わんなぁ...」

    となったので、新たな仮説を立てまくった結果、本当の理由が分かりました!

    それが...

    ハリーが生き返った本当の理由

    死の秘宝でのダンブルドアの言葉を覚えていますか?

    ハリーの中にヴォルデモートの魂の一部があるのじゃ。

    ヴォルデモート自身も意図しない出来事として、赤ん坊だったハリーに呪文を跳ね返えされ時、ヴォルデモートの魂の一部がハリーの中に存在するようになっていました。

    つまり、ハリーが最後の分霊箱だったという事です!

    禁じられた森でヴォルデモートが死の呪文を放った時、ハリーは白い世界でダンブルドアと再会しましたよね?

    その時、赤ん坊のような姿で小さく丸まっていたヴォルデモートの一部が椅子の下にいました。

    それが、ハリーの中にいたヴォルデモートの魂の一部だったのです。

    ヴォルデモート自身の手でハリーに死の呪文を放った事によって、ハリーの中にいたヴォルデモートの魂の一部が消えたという事。

    スッ、スゲ~、JKローリング!

    改めて原作を見返そう。

    まとめ

  • 死の呪文はハリーの中にあるヴォルデモートの魂の一部を破壊
  • ヴォルデモート自身が破壊することに意味があった
  • ヴォルデモートが死の呪文を放ったのはハリーではなく、ハリーの中にあるヴォルデモートの魂の一部をヴォルデモート自身の手で破壊していたという事でした!(ヴォルデモートって言い過ぎ(笑))

    ここまで考え込まれていて、見事なまでの伏線回収、そして細部にも行き届いた細かさ、どこを取っても完璧な作品だと改めて気づかされましたね。

    記事中に出てきた「蘇りの石」についての記事は以下にまとめています。

    他にも、ハリポタ関連の記事が沢山あるので是非見てくださいね!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました