「デビットカードよりもクレジットカードを使え!!」その理由と2つの違いを詳しく説明!デビットカードではある落とし穴が??!!

ども、モンブログのモンです!

先日、ジャパンネット銀行の口座開設をした際に紹介したデビットカードを使用した時に起こった注意点を是非シェアできたらと思います!

ジャパンネット銀行の記事はこちら↓

この記事ではクレジットカードとデビットカードの違い、それぞれに発生する問題を説明してるよ~

スポンサーリンク

クレジットカードとデビットの違いはなに??

カードを使って買い物が出来るという点では全く同じなこの2つ。 じゃ、何が違うん? というと…

クレジットカード

・買い物をする為に作られた(特化した)カード

・金融機関からお金を前借して商品を購入している

・ユーザーは後払いになる

デビットカード

・キャッシュカードに搭載された機能(キャッシュカード一体型が多い)

・自身の口座から直接引き落とし

・商品を買った瞬間に即引き落とし

ざっっくりまとめるとこんな感じです

クレジットカードを使っている方はわかると思いますが、商品を購入したら翌月に振り落としされますよね?「給料日前で金ないけど、あのガジェット欲しい~」とか「お給料まだ先だけど、あの美容ローラー買いたい~」という時にめちゃんこ助かります(笑)

その反面、手元にお金が無くても購入できてしまうのが難なところです。バンバン使って「やべ…返す金ない..」となると勿論その分の遅延利子が付きます。その使いすぎを防ぐために毎月限度額というのがあるのですが..

一方、デビットカードは自身の口座と直結しているので間に金融機関を通す必要がありません。商品を購入した瞬間口座から引き落としされます。なので、限度額というのが無く、口座にあるだけ使えます(※デビットカードでも毎月限度額が設けられているものもあります。しかし、クレジットカードと違い、ある程度自分で金額を決められる場合があります。)

口座を持っていれば子供でも持てるのがデビットカードです。

使用時の問題??

それぞれ使用時に発生する問題についてなのですが、以下にまとめました。

クレジットカードの問題

・延滞金が発生する場合がある

デビットカードの問題

・二重請求になる場合がある

先程にも述べましたがクレジットの場合、支払いに遅れるとその分のお金がかかってしまいます。

問題がデビットカードの場合なのですが、二重請求になる場合があります。というのも、デビットカードはクレジットカードと違って商品を購入した瞬間に口座から直接引き落としされます。その為、大きめの金額をデビットカードで購入しようとすると、その口座が本当に使われているものなのか?とか、口座にお金ちゃんと入ってるのか?などを確認する為に事前に少し出金される時があるみたいです(私モンも実際になりました笑)数か月すればしっかり入金(返金?というべきか)がされましたが笑

最初にこのようなデメリットを知っておくと、いざ身に起きた時に安心できますので頭の片隅にでも置いといて損はないです!(備えあれば患いなしです笑)

まとめ

クレジットカードは手元にお金が無くても商品を購入できる反面、その分使い過ぎ(借金)のおそれがある。

一方でデビットカードは商品を購入した瞬間に口座から直接引き落とされるのでクレジットカードの様な怖さがありません。その反面、その口座が本当に使われてるかとか、お金が本当にあるかを調べるために事前に引き出されて二重請求になってしまう事もある。

記事といえるべきクオリティなのか? グダグダな記事ですが、最後まで見てくださりありがとうございます!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました