Googleアドセンスに高確率で合格する方法を公開中

【金メダルの素材】噛むと歯形付く!?オリンピックの裏側を公開

人の金メダルガッツリ噛む市長っているんですね。モンです。

オリンピックの金メダルの素材って何なの?

純金?いや、金メッキなのか? そもそもメダルの素材すらも知らず、気になったのでまとめた次第。

今回は、オリンピックの金メダルの素材についての記事

早速いってみよ!

オリンピックでの金メダルの素材

早速結論ですが、オリンピックでの金メダルの素材は、銀です。

90%以上の銀が使用されており、その周りを純金で覆っています。

実は、オリンピックのメダルには詳しく規約が定められており、

  • 直径は70mm~120mm
  • 重さは500g~800g
  • 金メダルは最低でも6gの純金張り
  • など、各国で大きな変化が無い様に決められています。

    確かに、丸型以外のメダルなんて見た事ないね!

    銀メダルの素材は?

    銀メダルは金メダルと同じく 90%以上の銀を素材としています。

    周りを純金で覆うかどうかの違いだけのようです。

    少し驚きだね

    銅メダルの素材は

    銅メダルの素材ですが、青銅や丹銅が素材として使用されます。

    金・銀 メダルとは少し違うようで、裏側を知ると表彰式も今まで以上に引き込まれますね。

    オリンピックのメダルは噛むと歯形が付く!?

    ここで豆知識なのですが、オリンピックのメダルは噛むと歯形がついてしまうらしいのです!

    表彰式でよく選手がメダルを噛んでいる姿をみますよね。

    実は、メダルは意外と柔らかい様で、強く噛むと簡単に凹んでしまうのだとか...

    以前テレビに出演したメダリストは、

    表彰台で噛むと歯形が付くので、家族の前でやります(笑)

    と仰っていた事があり、とても驚いた事を覚えています。

    見て終わるのではなく、その前後も知れると世界が広がるね!

    誰が最初にメダルを嚙んだのか

    ここできになったのですが、「メダルを噛む」というパフォーマンスは誰が最初に始めたのでしょうか。

    調べたところ、1996年のアトランタオリンピックの柔道日本代表中村兼三選手でした。

    世界的にみると、1988年のソウルオリンピックの水泳で金メダルを獲得したダンカン・ジョーズ・アームストロング選手

    当時の新聞やニュースでも、メダルを噛んでいる事が報道されていたようです(笑)

    まとめ

  • 金メダルは6g以上の純金張り
  • 金・銀メダルの素材は同じ
  • メダルの製造は規約がある
  • 余談ですが、先程見たボルダリング女子がカッコよすぎてハマりました(笑)

    もうラストスパートの東京五輪ですが、選手の方々、応援しています!

    頑張れ~!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました